勉強するにも体力がいる

4月16日(日)  晴れ  体重:6.5kg

今は我が世と咲き誇っていた桜も、花散らしの風に装いを解きつつあります。
花吹雪の舞う中、陽射しも一段とまぶしさを増し、時はまさに春爛漫。

(いつもの散歩道は、今年も桜のアーケード ~先週 byママ)
①春爛漫



○○の手習いではないけれど、2年前から始めた工業英検へのチャレンジ。
前回の試験でやっと2級に合格し、今はさらに上を目指して勉強を続けています。

(目指すは1級!)
②認定証


なぁ~んて言うとたいそうに聞こえるけど、
この年になって仕事をしながら本格的な勉強をすること の大変さが身に沁みる。
若いときに、もっとちゃんとやっとけばよかったなー

精根尽き果てて帰宅する平日の夜は、気力も体力も時間もない。
なので、勉強できるのは土日か平日の早朝。

4年前耳の病気をして以来、耳鳴りの影響もあって早朝3時、4時に目が覚め、いったん目が覚めると寝付かれないことが多くなり困っていましたが、今は逆に、それを勉強の時間に充てています。なので、不眠は全く気にならない。

  眠れない これ幸いと 勉強し (←川柳のつもり



これまで、ずーっと中途半端でイマイチ モノにできなかった英語。
本気で取り組めるのはこれがラストチャンスと心得、一丁がんばってみるか

(応援してるよ!ときどきジャマするけど)
③こなみの顔も爛漫!

それにしても、毎日夜遅くまで勉強している学生さんはエライ
ていうか、やるべき時にやるべきことをやっておく、結局これが一番楽なんです。

物事には旬がある。でも、旬を過ぎたなりの味もある。
これ、人生の教訓。


↓ココ、ポチッとね!

にほんブログ村


スポンサーサイト

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

山が哭いた ~熊本地震の爪痕~

1月21日(土) 晴れ  体重:6.6kg(←増えちゃったね

先日(1/8)中学校の同窓会があり、熊本・阿蘇に帰省しました。
その帰り、幼なじみのI君に車で空港まで送ってもらう道中遠回りして、南阿蘇村の被災地を見てきました。

阿蘇から熊本方面に向かう国道57号線は、赤水~大津間で寸断されたまま。
通行止めにぶつかった後、迂回路とは逆の道を南阿蘇村へ向かいました。

現場に近づくにつれアスファルトの路面が波打ち、車が上下にバウンドし始める。

(東海大学近くの駐車場はうねり、大きな地割れが…)
①駐車場

車を降り、川向こうに目をやると・・・
緑の山は無残にえぐられ、山の斜面に見えるはずの国道57号線の道路とJR豊肥線の線路が、完全に消滅している。

(てっぺんから崩れ落ちた山肌)
②頂上から崩落

(危うい足下。大量の土砂がすべてを飲み込み、白川に流れ込んだ)
③白河に流れ込んだ土砂

左方向に目をやると、4/16未明の本震で崩落した阿蘇大橋の橋桁が見えた。

(写真左端の角ばった構造物が 橋桁の残骸)
④橋げたの残骸(左部)

橋が落ちたところに行ってみよう、と、立ち入り禁止の柵を(少々反則気味に…)乗り越えて、崩落現場に近づいてみました。

数メートル先は奈落の底。
あの夜、200mもあったアーチ型の橋も、道路も、何もかもが一気に崩れ去った。

(写真中央右寄りにポツンとショベルカー(橙色)が見える…気が遠くなる作業)
⑤橋が崩落した現場



周辺の建物もいまだに廃墟となったまま。

(1階が押しつぶされた東海大学の学生寮)
⑥全壊した東海大学の寮(手前のがれき)

(崩れ落ちたセブンイレブンの裏手~倒れた電柱が崖に斜めにひっかかっている)
⑦セブンイレブンの裏手が崩落

失われた風景を目の当たりして、あまりの惨状に言葉を失いました。

科学技術がどんなに発達しても、一夜にしてすべてを一変させる大自然の驚異は、およそ人知の及ぶところではない。
自然への畏敬の念。偉大なる自然との共生。
我々は自然に育まれ、自然の恵みによって生きていることを忘れてはならない。

空港へ向かう道すがら、流れる景色を見ながらそんなことを考えていました。
何年何十年かかるか分りませんが、1日も早いふるさとの復興を祈るばかりです。


↓ココ、ポチッとね!

にほんブログ村



テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

フェルト犬

8月15日(月) 曇りのち晴れ  体重:6.4kg

オリンピックや高校野球の連日の熱戦にクギ付けになっているうちに、お盆休みも最終日になってしまいました。

今日は多摩川の花火大会。
朝外に出ると、いつもの散歩道は場所取りのシートがずら~り。

(夜の間の仕業か?)
①花火の場所取り

(中庭にもベンチが並んだ)②a中庭もこんな感じ

川向こうから打ち上がる花火は、まるで天地を切り裂かんばかりの大音響・大迫力なのですが、こなみはへいちゃら。
それがわかって、去年からは疎開しなくて済むようになりました。

(怖いものなし? 少しはあってよね
②b花火は平気だよ



さて、今日はママの力作を紹介します。

(ラブとトイプー。縮尺は違うけど
③ラブとトイプー

(横から見るとこんなです)④お見合い

以前作った「猫のような犬」いや「犬のような猫」?に比べると、そりゃあ~もうたいそうな進歩だと思います。
これからどんどん増えそうです。

(なかなかの出来だね)
⑤まあまあかな


↓ココ、ポチッとね!

にほんブログ村

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

がんばれ!熊本

4月17日(日) 雨のち晴れ  体重:6.4kg

忙しさにかまけている間に、季節がもうひと廻り。

(桜並木はツツジに衣替え中)
①桜並木はつつじへ



桜も終わり春本番と思っていたら、故郷・熊本が大変なことに。

九州でまさかの大地震。
特に土曜日未明の本震は熊本県全域を一気に巻き込み、さらに大分など隣県にまで拡大し、甚大な被害をもたらしました。

テレビの報道で、故郷の変わり果てた姿を見るにつけ、胸が痛みます。
(あの熊本城が、阿蘇神社が… あの街、あの山、あの道が…)
これ以上被害が拡大しないとを切に願うのみです。

家族は幸い無事でしたが、熊本市内の兄の家は損壊し、家族共々近くの避難所へ。
県内各地の避難所には18万人以上が身を寄せているそうです。

ライフラインも寸断された大混乱の渦中で、未だ、とても復興への道筋は見えないけれど、みんなで力を合せてこの難局を乗り切っていきましょう。

被災された皆さん、心よりお見舞い申し上げます。
くれぐれも体に気を付けて、故郷・熊本を取り戻すために共にがんばりましょう

(あたしも応援してるからね~!)
⑥芝も青くなってきた


↓ココ、ポチっとね!

にほんブログ村

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

年明け、消防署も大忙し

1月11日(月)  曇り時々晴れ  体重:6.4kg

昨日(10日)、近くのグラウンドで消防出初式が行われたので、散歩がてら見に行ってきました。

(管轄の消防署と地区の消防団が勢ぞろい)
①会場のグラウンド

実は前日(9日)同じ場所を通りかかったときに、出初式の準備らしき光景を目にしました。消防車が何台か並んで、会場の設営作業が進められていたその時、突然けたたましいサイレンの音。

これもリハーサルかと思ったら…消防車がウ~ウ~3台ほど連なって、慌ただしくグラウンドを飛び出して行くではありませんか。

あれま、リアル火事じゃね?

前回いつ雨が降ったか思い出せないくらい、カラッカラ天気続きの今日この頃。
あちらこちらで火の手が上がり、出初式(仕事始め)前にはもうすでにひと仕事。年明け早々、消防隊員の皆さんは大忙しのようです。

(隣の団地の高台から遠目に見る。こなみも興味津々?)
②a団地から見学

式典は、消防署長さんの挨拶に始まり、来賓の紹介・挨拶、功労者の表彰、消防隊のパレードと進み…(挨拶はいいから…放水とハシゴ乗りを楽しみに待つボクら)

(ボクが以前乗せてもらった救急車もいた)
③消防車のパレード

市消防局のマスコット「太助くん」も参加。

(まるで不審者として連行されてるみたいだね
④太助くん

元気な子供たちによる「火のようじ~ん」の行進です。

(わっせ!わっせ!)
⑤園児の行進

旗振り娘(←本当は何ていうんだっけ?)の華麗なフラッグパフォーマンス。

(近くで見たかったね⑥旗振り娘

火事を模擬した煙が立ち昇った後、いよいよ放水です。
どよめく会場。

(うおおっ、で、出た~っ! ←ミョーに高まるテンション)
⑦放水その1

(た~まや~! ←なんか勘違いしているヤツがいる
⑧放水その2

すると、辺りにバタバタと響きわたるエンジン音が。

(うわ、へ、ヘリだぁ~! ←訳の分からぬテンションは、いよいよピークに)
⑨ヘリが飛ぶ

こなみも空を見上げた。

(空飛ぶバッタか~?)
⑩a空を見上げる_edited-1

そしていよいよ出初式はフィナーレへ。
国旗の貢納、消防署長の締めの挨拶、・・・あれ? ハシゴ乗りは?

残念ながら、ハシゴ乗りのパフォーマンスはありませんでした。伝統芸能みたいなものだから、できる人がいなくなっちゃったのかな~?

それにしても、消防出初式を最初から最後までひと通り見たのは初めて。
キリっとした消防隊員の所作は、実に清々しくカッコよかった。

皆さん、お疲れさまでした。(敬礼) 今年1年、ご安全に

(それなりに楽しかったよ
⑪ここが定位置


↓ココ、ポチっとね!

にほんブログ村


テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

ココパパ

Author:ココパパ
ココ山家のチン太郎姐さんとその家族(ココパパ、ココママ)が、新しい子犬(こなみ)を迎え、その成長ぶりを綴っていきます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
フリーエリア